代表挨拶
MESSAGE

一人ひとりの力がひとつになる。
わたしたちが見据える豊かな社会。

2001年に前身となる会社を設立し早20年が経過しようとしています。
これもひとえに、当社を信頼し、お付き合いくださったクライアント企業様、就業先で、お客様にご満足いただける働きをしてくださった派遣キャストの皆さまのおかげです。

創業以来、『「人」を大切にする』という考えを、すべての意思決定の根底に置き、人材サービスを軸に事業展開してまいりました。
社会は「人」の集合体であり、「人」が生き生きと暮らせる社会こそが、真に豊かな社会であると考えているからです。

私たちに関わってくださるすべての方々に、最大限誠意を持った対応を行うということを念頭に、社会情勢のめまぐるしい変化や人々の価値観の多様化などにより発生する、人材に関するあらゆるニーズに積極的に応え、ご満足いただけるサービスをご提供させていただくため、キャスティングロードは、これからも進化し続けます。

代表取締役 古澤 孝
代表取締役 古澤 孝 Takashi Furusawa

∞ Project (インフィニティ・プロジェクト)

“働くという幸せ”がいつまでも循環する社会を目指して

当社グループは、“無限”や“際限なく”という意味を持つ「∞(インフィニティ)」という名のプロジェクトのもと、“未来の仕事像”を現実のものにしようと取り組んでいます。働くことは本来、もっと自由で多様であるべきであり、それが人と社会の豊かさに繋がっていきます。私たちは、“労働の充実感”という、個人の幸せを構成する要素の中でも極めて大切なものを、一人でも多くの人たちに与えていきたいと願っています。そして、充実感に満ちあふれた人たちの働きによって企業の価値が高まり、社会がより便利で快適なものとなり、それが再び個人の幸せへと還元される―。そんな「∞(インフィニティ)」を創出していくことが、当社グループの社会的使命だと信じています。